会社案内メインコンテンツ

ごあいさつ

株式会社 三秀 は自動車部品製造のノウハウや大河内記念技術賞に裏付けされた優れた技術力を活かし、近年では事業の多角化を図り建設用機器、産業用機器、弱電部品、商業用部品に加え、コンクリート二次製品鋼製型枠といった様々な業界の製品を手掛けております。

弊社はお客様のご要望を基にご提案を通じて、よりお客様が満足する物づくりが出来る様、日々邁進し続けております。

現在、世界経済は末期的な症状を呈しており、未だかつてない大きな変化が訪れようとしています。産業革命以来続いた、資本主義経済のシステムが崩壊し、全く新しいシステムに変わるのも間近に迫っていると言っても過言ではないと思います。

私は次の時代のキーワードは、『自分のしてもらいたいことを相手にしなさい』という黄金律だと考えております。従って我が社は、お客様、お取引先様、我が社に関係する方々に対し、常に相手の立場に立った関係を心掛けたいと考えております。

株式会社 三秀 代表取締役 塩原祥隆

塩原祥隆

会社概要

三秀 三重製作所社屋
商号株式会社 三秀
代表代表取締役 塩原祥隆
本社

〒103-0027東京都中央区日本橋3丁目4番12号
TEL 03-3246-6381 / FAX 03-3246-6383

三重製作所

〒513-0852三重県鈴鹿市末広西10番1号
TEL 059-382-3111 / FAX 059-383-1404

設立昭和27年7月1日(創業昭和6年7月)
資本金8,000万円
従業員数60名
事業内容
  • 金属製品製造
  • 建設業 特定建設業許可 東京都知事(特-8)第104201号
  • 建築工事業
取引品目
  • 自動車部品
  • 産業用機器部品
  • 建設用機器部品
  • 空調設備機器部品
  • コンクリート二次製品鋼製型枠

沿革

  • 昭和6年7月東京都港区に日本工業社として創業
  • 昭和25年7月本田技研工業(株)と取引開始
  • 昭和27年7月三秀プレス工業(株)として法人設立
  • 昭和37年6月三重県鈴鹿市に三重製作所新設
  • 昭和62年3月大河内記念技術賞受賞
  • 平成2年2月三菱重工業(株)と取引開始
  • 平成2年10月三菱自動車工業(株)と取引開始
  • 平成6年8月コンクリート型枠製造開始
  • 平成6年10月現社名「株式会社三秀」に変更
  • 平成8年8月建設業許可を受け、建設業開始
  • 平成13年1月三重製作所 部品事業部 ISO9002:1994取得
  • 平成17年5月三重製作所 部品事業部 ISO9001:2000取得
  • 平成21年2月エコアクション21(環境)取得

会社方針

経営方針

和を貴び『事業は人なり』の精神に徹して人格と生活の向上充実を計り社会に奉仕する

社是

常に創意をもって効率よく良い品を作る

品質方針

お客様の多様な要求に対し『末永く』『安心して』『喜んで』使っていただく製品を送り出す。

  • 要求事項への適合を確実にする。
  • お客様を満足させる製品を造る。
  • 品質マネジメントシステムの継続的改善・充実を図り、市場の信頼を得る。

環境方針

企業理念

当社は、企業が社会の一員である事を深く認識し、企業活動を通じて人の健康維持と、地球環境保全に、積極的に取り組みます。

私達は、製品の開発、生産、販売、廃却のライフサイクルの各段階に於いて地域社会との調和を保ち積極的に環境改善を図る。
環境保全活動は、技術的、経済的に可能な限り全員で取り組み継続的な維持改善、向上に努める。

製作所方針

当所は、企業理念を基本に活動し、各種金属加工品を製造するに当たり、材料のリサイクルと省資源、省エネルギー化に努め各段階に於いてCO2排出量、水消費量の削減及び発生する廃棄物の極小化と、適切な処理を、全社で取り組む。

関係する法令及び、当所が同意したその他の要求事項を守り、環境方針を文書化し全社員に教育を徹底し、環境汚染の予防に努めると共に社外に公表いたします。